上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
父親と二人で行ってきました。父親が大好きで一曲一曲説明できるほど彼は最近の時間を吉井に費やしています。
予想していた通り凄いメスの集団でした。おっさん二人はかなり場の雰囲気に合っていませんでしたが、久々のLIVEは新鮮でした。
ロックにも色々種類があると思うけど、俗に言うロックスターだなって思いました。
それにしても2時間の公演で超満員の動員。めちゃくちゃ金が掛かっている照明、映像。センターに立っている姿は絵になります。生まれた星が違うんだなと思いました。
音楽で遊ぶと言うよりは吉井を見に行くってイベント色も強いなって思いましたけど、それも含めてスターですよね。
行きも帰りも親父は吉井の曲でノリノリでした。
僕も楽しめて親孝行できてよかったです。
スポンサーサイト
|10/26| 未分類コメント(0)TB(0)
20071025061302
10月24日、米バニティ・フェア誌の映画サウンドトラック・ベスト50で、プリンスのアルバム「パープル・レイン」が1位に。
[ニューヨーク 24日 ロイター] 米バニティ・フェア誌の編集者が選ぶ映画のサウンドトラック・ベスト50では、プリンスのアルバム「パープル・レイン」が1位になったことが分かった。
2位には「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」、3位には「ザ・ハーダー・ゼイ・カム」と続き、クエンティン・タランティーノ監督の「パルプ・フィクション」のサウンドトラックが4位となっている。
このほかでは「トレインスポッティング 」が7位に、ジョン・トラボルタ主演の「サタデー・ナイト・フィーバー」が8位に、それぞれランキングされている。
同ランキングは、バニティ・フェア誌を出版するコンデナストが来月発行する特別誌「ムービーズ・ロック」に掲載される。

プリンスがやってくれました。肝心なこの映画の内容ですが、プリンス主観のポルノ映画としか言いようがありません。プリンスに興味が無い人は見ないほうが賢明かと思います。でも、プリンスの動きと顔の表情は見方を変えればかなり笑えますよ。
僕はプリンスが好きです。
|10/25| 未分類コメント(2)TB(0)
279215_1192511690.jpg

11.17(Sat)までいよいよ一ヶ月を切りました。みなさんお待たせしました。本日よりチケットの販売を開始します。mother moonで取り扱っていますので早めにお買い求めください。\2,000+1Dになります。
下記協力店でも取り扱っておりますのでこちらでもお求めになれます。
calm place
VIVA
ドン・チーノ
フライヤーも出来上がりました。K.J.始めSTAFF一同このフライヤーをとても気に入っています。もちろんプージさんの作品です。プージさんTHANKS!!このフライヤーは市内のあちらこちら、市外のCLUB等にも置かせていただきますので是非手に取ってください。


|10/20| 未分類コメント(0)TB(0)
「LEGEND OF K-HOUSE」
11/17(sat) 21:00~ @SONIC 松本
adv.¥2,000(w.1dr.) door¥2,000

DJ
K.J.
KAZ
GARU

約1ヵ月後に迫っていますK-HOUSE。チケットは来週中にmother moonを始め協力店やSTAFFで取り扱っていますのでお早めにお買い求め下さい。
また、フライヤーも来週中に各所に設置します。是非、手にとって見てください。

「SOUND BOMB!」
10.27.Sat AFTER5IVE@IIDA  OPEN 21:00
K.J.が飯田で開催しているレギュラーPARTYも再来週に迫ってきました。K-HOUSEに向けてテンションを上げていきたい皆様、飯田で遊びましょう!まだAFTER5IVEに行ったことがない人も、K-HOUSEとは違った新しいK.J.に出会えるはずです。先月に引き続き私もDJとして参加させていただくことになりました。飯田でお待ちしております。
DJ
K.J.
KAZ
HITOSHI
K-ZONE
selavy










|10/13| 未分類コメント(0)TB(0)
2007. 11.17 "K-HOUSE"

MIX K.J. 2007.9.21


1.OMB/Fresh

2.BECKERS & HATFIELD/SPIELEN

3.JAM AN I ROQUA I/Eric prydz RMX

4.ELECTRIXX PRE/Back Stage Bitch

5.BIG & DIRTY/GET DUMB

6.E-Craig vs Alegria/Global Drum Attack

7.CAVE vs TIM TAYLOR/PLANET OF DRUMS 2007

8.ELECTROKID/House Muzik

9.METHOD/Cold Prowler

10.INKFISH vs MARTIN H/eye m

11.MOONY/He's All Want

12.INNER CITY JAM ORCHESTRA/We got the love 2007

13.Neil Quigley & Nick Muir ft. Nadine Khouri/Feedback From The City

14.JAMES ZABIELA/HUMAN

15.AXWELL+SEBASTIAN INGROSSO vs SALEMALFAKIR/It's True


|10/10| 未分類コメント(0)TB(0)
20071004044104

あの松本の夜を華やかに彩って来たK-HOUSEが一夜限りで帰って来ます。そしてこれが最後のK-HOUSEとなります。
あれから一年、日が経つ毎に「もう一度K-HOUSEを」と言う声が多く聞かれるようになり、みんなの思いの大きさを強く感じました。私達もこの一年間、みなさんと同じ様にその日が来る事を願いながらこの街の夜と向き合って来ました。そうしてできた一つの形がWHITE HORSEでした。同じ思いを持った仲間達が手作りで始めたこのPARTYは、微かな力ながらもこの街のシーンを前に進めたいと言う思いの表れでした。そしてそれは私達を含めたみんなの思いをK.J.に伝えるキッカケにもなったのです。
今回のこのPARTYは「最後に思いっきりやってみんなでK-HOUSEを締めくくろう!」と言うK.J.の熱い声を号令に立ち上がりました。当日はそれぞれの中にあるK-HOUSEを胸に、この特別な夜を楽しんでください。
僕自身、是空やK-HOUSEを体感したのはclose間際のほんのわずかな時間だけでした。そういった意味ではみんなのほうが、あの愛や喜び哀しみに満ち溢れた時を共に分かち合ってきたはずです。僕はその瞬間を残されたCD、映像、PLAY LIST、話を聞きながらで想像することしかできません。でも一つだけ確かなことはK.J.のPLAY STYLEや音楽に臨む姿勢は今も昔も変わらないということです。僕はこの一年、彼のPLAYを側で聴いてきました。常にBESTを尽くすこと、前を向いていることがK.J.なんだと思いました。K-HOUSEなんだと思いました。それが真実だと思いました。どうかみんなのK-HOUSEを見せてください。
当日はGUESTにDJ KAZを迎えます。飯田AFTER5IVEオーナーでもあるKAZ氏は同CLUBにてK.J.と共に毎月第四土曜日に開催されているSOUND BOMB!を昨年末に立ち上げました。K.J.の良き理解者で共に挑戦したいという環境を与えてくれています。SOUND BOMB!での挑戦も一年が経とうとしています。あえて現在のHOUSEと言うならば、それまでの道のりの旅へ誘ってくれるでしょう。
LEGEND OF K-HOUSE
11.17(SAT)
at SONIC
チケット \2.000+1D
当日 \2.000

チケットはmother moon(0263-36-5460)にて取り扱います。チケット発売になるまでもうしばらくお待ち下さい。
詳細につきましてもこのblogと掲示板http://bbs5.fc2.com/php/e.php/k-house/にて順次UPしていきます!ちなみにこのblog内のリンクから掲示板にいけます。

オーガナイザー 小林大介
|10/04| 未分類コメント(0)TB(0)
28歳を迎えた今日、我が読売巨人軍が5年振り31回目のリーグ制覇を成し遂げました。
いや~もうね~日本人なら野球ですよ。はっきり言って相撲なんか今やごたごたでどうするんですか!?ジャイアンツですよ!景気回復しますよ!
涙を浮かべながらの原監督のヒーローインタビュー良かったよ!
|10/02| 未分類コメント(0)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。